女の人

頭皮環境を守る為に使うシャンプーの選び方|将来の為の対策を

毎日使うのなら

ヘアーアイロン

ヘアアイロンを毎日使うのは髪の毛を痛ませてしまう…ということで、毎日使わないと人もいます。ですが、このようなトラブルが起こってしまうのは使っているヘアアイロンの問題になります。髪の毛を痛ませてしまうのは、あまり高くない温度で髪の毛に使用するのでストレートや癖づけるのに時間がかかります。時間がかかっていることで、髪の毛の細胞がどんどんと無くなっていき痛んでしまいます。ですから、毎日繰り返し使っていることで痛んできてしまうのです。しかし、現代には高温でさっとヘアセットができるヘアアイロンがあります。髪の毛は、160度から180度の温度でセットするのが一番負担をかけないようにできます。この温度であれば、ヘアアイロンをあてる時間を短縮できるからでしょう。短時間でセットすることができれば、髪の毛への負担を最小限に抑えることができて、痛みが発生しません。

それに、ヘアアイロンしたら髪の毛に艶がでますよね。これは、ヘアアイロンをあてることで髪の毛の細胞同士が繋がってキューティクルを作りやすい環境にできるからです。どういった仕組みなのか具体的に説明しますと、細胞同士が繋がればその形をキープしやすくなります。反対に細胞が離れていると、キープしにくくなって髪の毛はくねってしまうのです。ですから、癖毛の人がヘアアイロンすることで髪の毛が真っすぐになり艶のある状態になるのはこの原理になります。これを知っておけば、ヘアアイロンを選ぶ時も利用の時も活用できるでしょう。

Copyright © 2017 頭皮環境を守る為に使うシャンプーの選び方|将来の為の対策を All Rights Reserved.